反射させてスマホの画面が見える非接触型充電の車載スマホホルダー

カー用品

車でスマホを充電することがあると思いますが、エアコンの送風口に設置できないしたくないという方もいますよね?

そんなときには、車のダッシュボード上におけるタイプが便利です。

しかも、このグッズはスマホを寝かせても反射パネルで画面が見えます

ヘッドアップディスプレイの使用イメージ

SNSで話題となった動画

@walpopular.com反射させて画面が見えるQI非接触充電ホルダー。詳細はウェブサイトにて。♬ Cannibal by Kesha – rapidsongs

スマホを寝かせておいても画面が見えるのが良いですね。

しかもホルダーとしてだけではなく、QI搭載で、置くだけ充電ができます。

ヘッドアップディスプレイのイメージ詳細

クリック・タップで拡大

 

ヘッドアップディスプレイの商品詳細

全体のデザインは無駄なくシンプルです。

寝かせて反射ディスプレイを利用することも、傾けてスタンドとして利用することもできます。

ダッシュボード上に置けば、画面が見えるので、マップナビを表示するのにも最適です。

サイズ感はこのようになっています。

 

ヘッドアップディスプレイの詳細情報

メーカーによる商品情報

カラーは1色です。

サイズはワンサイズで詳細は以下の通りです。

縦幅:9cm

横幅:15.5cm

反射パネル縦:7.7cm

組み立ては不要で、届いてすぐ利用できます。

寝かせてもスタンドとして立てても利用できます。

ベース(土台部分)はQIを利用した非接触型の充電チャージャーになっているので、スマホを置くだけで充電が可能です。

 

Qi(チー)とはQi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電国際標準規格である[1]

 

現在、携帯電話スマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている[1]。名称の由来は中国語の「」(繁体字: 簡体字: 拼音: )。

 

NTTドコモでは、Qi規格に準拠したワイヤレス充電機能をおくだけ充電と称しており、登録商標(第5477771号ほか)を保有している。

 

ワイヤレス充電とは?ワイヤレス充電とは、スマホを置くだけで充電できる技術です。

 

iPhoneやAndroidスマートフォンの高機能モデルなどで採用されています。

物理的な接触部がないことから「無接点充電」や「非接触充電」とも呼ばれています。

 

ワイヤレス充電のポイントは、置くだけで充電でき、ケーブルをつなぐ手間がないこと。

 

ベッドサイドにワイヤレス充電器を置いておけば、寝る前にちょっとスマホを使ったときも、わざわざケーブルを挿すことなく、スマホを充電器の上に置くだけで充電されます。

 

 

メーカーからのおすすめポイント

・高精細コーティング技術は、昼夜を問わず明確な視界を確保できます。

・ディスプレイボードは180度開くことができ、最適な角度で情報を確認する事ができます。

・アンチスリップシリコーンマットでスマホを固定することができます。

・任意のHUDナビゲーションアプリを開き、ホルダーにスマートフォンをセットして下さい。

・取扱説明書や保証書等が付属せず、簡易包装となります。

・ディスプレイにより、画像と色合い等が多少異なる場合があります。

 

商品レビュー

tune
★★★★☆
なかなか良いです

2019年5月22日に日本でレビュー済み

サイズ: 車載HUD ホルダー
Amazonで購入

フロントガラス設置タイプからの買い替えのようです。

安定感があるようですね。

まとめ

ヘッドアップディスプレイは、車でスマホをセットしたいけど、送風口に設置できない、または設置したくない人にうってつけのグッズです。

寝かせることで、非接触型のQIによる充電ができて、さらに反射パネルで画面が見れるので、ナビなどを表示させておくにも便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました